« 2019年8月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年1月の1件の記事

九段下の合同庁舎でゴハン

 初めて行ってみた場所です。

20200124_lunch 九段第三合同庁舎という建物に入ったのは、関東総合通信局に用事があったからです。その話題はまたにして、今回は庁舎の人々がどんなお昼ご飯を食べているのかというレポートをしたいと思います。

 まず庁舎の入り口をくぐると一階には「さくらベーカリー」という小さなパン屋さんがありました。ここは手作り感がすごくあるパンが並んでいて、都心にしては値段がリーズナブルです。とても香ばしい香りをフロアに振りまいていました。IYN はここでは飲食禁止だったのもあって、先に進みました。

 エレベーターホールには、千代田区役所になっている10階までの低層階エレベーターと10階から上にいく高層階エレベーターと二つのホールに分かれていました。高層階エレベーター側は守衛さんに「何階に御用ですか?」と聞かれるみたいなのですが、低層階には守衛さんはいませんでした。で、10階に上がると売店と食堂とが隣り合わせにありました。

 食堂には、飲食物の持ち込みは禁止と書かれていたので、売店やパン屋さんで買ったものはここでは食べられないのでしょう。張り紙の注意書きを守っていない人もいなかったので、IYN は食堂でご飯にしようと心に決めたのでした。売店は普通のコンビニの、お弁当とお菓子の棚をコピペしたような品ぞろえでした。値段もコンビニ並み。昼過ぎだったのでおにぎりやお弁当はほぼ完売状態でした。

 さて食堂の狭いドアの前にはメニューが並んでいました。定食が三種類と麺類が二種類くらいで、定番がカレーライス、そばうどん。すべて食品サンプルで飾られているくらいなのである程度のローテーションでメニューが決まっているのでしょう。そして壁紙には食事をした後に会計、下げ膳と書いてあって、順番がちょっと変わってるなぁと思いました。

 IYN は意を決してお盆を取って定食のところに進みました。八宝菜に手を伸ばすと、係のお兄さんが優しく「定食はおかずとごはん、お味噌汁、小鉢をお取りください」と案内してくださったのでその通りに取りました。ご飯は普通と少なめと二種類ありましたが、普通サイズが牛丼のごはんくらいの量に見えたので少なめの方を選びました。

 普通においしくて IYN の会社の食堂と変わりないくらいだと思いました。お味噌汁は具が少ないのと出汁が化調っぽいかなと感じましたけど、八宝菜はお肉が多めでごはん一杯分にちょうど良いバランスでした。小鉢はインゲンマメのお浸しを選び、これはシャキシャキしておいしかったです。

 食べ終わったお膳を会計のところにもっていくとおばちゃんが「定食は500円ですー」と言ってくれるのでそのまま現金で支払いました。結論を言うと、一般的な食堂と大差ないおいしさで接客は丁寧だなぁという印象です。お料理は全体的にヘルシー志向で、300~500円で食べられるならこれは安いでしょう!

« 2019年8月 | トップページ | 2020年4月 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ